頭皮ケアで多量の抜け毛を防ぐ!

 

人の頭髪は約10万本あるといわれていますが、その髪の毛1本1本にはヘアサイクルがあります。

そのヘアサイクルは、成長期(2~6年、女性の場合は約4~6年)→退行期(2~3週間)→休止期(2~3ヶ月)という期間があり、それらの各期間を経て最後は自然と抜け落ちて、その髪の毛1本の一生が終わります。

そして、抜けたところから、また新しい髪が生まれるという循環を繰り返して約10万本の髪が保たれています。

シャンプー後の排水溝に溜まった抜け毛やブラッシング後のブラシに付いた髪が気になるという人がいらっしゃいますが、1日に約100本くらいの抜け毛は正常な範囲です。

しかし、あきらかに多量の抜け毛が発生する場合は、ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなり、細い毛のまま退行期、休止期に入ってしまい、多量の抜け毛が発生し、薄毛になるというわけです。

こうしたヘアサイクルの乱れは、睡眠不足や栄養が偏った食事、ストレス、運動不足、タバコ、間違った頭皮ケアなど、いろいろな要因が絡み合って起こり、原因を一つに特定することはできませんが、ヘアケアとしては、まず、健康的な髪が育ちやすい頭皮環境に整えるとこが大切です。

髪が育ちやすい頭皮とは、血行が良くて毛根の奥にある毛母細胞まで、髪の成長に必要な栄養素と酸素がしっかりと行き渡るという環境のことです。

また、余分な皮脂や汚れが頭皮に付着していると、毛穴を塞いで抜け毛発生の原因になることもあるので、清潔な状態を保つことも大切です。

そのために有効なのは、毎日、正しいシャンプー法を実践することと、頭皮マッサージを取り入れることです。

しかし、毎日の洗髪に使うシャンプー剤に含まれている成分に注意が必要です。

現在、スーパーなどに行けば、数多くのシャンプー剤が棚に並べられています。

その中には、頭皮に強いダメージを与えて、頭皮環境を悪化させてしまう成分が含まれている商品もあります。

特に、安価で売られているシャンプー剤は、洗浄力は強いのですが、頭皮へのダメージが強いという合成界面活性剤が使われています。

できれば、値段は少々高くて、洗浄力は弱くても、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプー剤がオススメです。

また、育毛剤を使用している人も、使用する前に配合されている成分をしっかりとチェックしましょう。

頭皮に負担のない無添加の育毛剤(花蘭咲)が安全で安心して使えます。

ちなみに、男性の抜け毛の原因は、ほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症で、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが影響してヘアサイクルを乱します。