背中ニキビを改善するにはシャンプー剤にも注意が必要!

誰でも一度は経験するニキビは、顔だけにできるものと思いがちですが、背中や胸、お尻など、体のあちこちにできてしまいます。

また、顔にできるニキビでお困りの人は大勢いらっしゃいますが、背中にできるニキビで悩んでいる人もとても多くいらっしゃいます。

背中に赤くポツポツとしたニキビができていると、海水浴に行った時の水着やパーティーなどで背中の開いたドレスを着ることをためらってしまうなど、とてもブルーな気分に落ち込んでしまうのではないでしょうか。

そんな背中ニキビができる原因はいろいろなことが考えられますが、その中の一つに、洗髪する時に使用するシャンプー剤が挙げられます。

毎日、入浴時の洗髪に使用するシャンプー剤が肌に合わなくて、背中にニキビができる可能性があります。

髪の毛を洗って流す時に、シャンプー剤の泡が体全体にかかり、その背中の洗い流しのシャンプー剤の成分が、刺激となっている場合がありますので注意が必要になります。

シャンプー剤は髪の毛や頭皮を洗浄するものですが、いろいろな成分が配合されているので、それらが背中ニキビをできやすくしている可能性があるというわけです。

胸にできるニキビもシャンプー剤の影響が強いかもしれません。

できれば洗髪した後に体を洗うようにすれば、背中にシャンプー剤が残らないようになります。

まずは、お風呂から上がった時には、しっかりと泡を流したかどうかを確認するようにしましょう。

それでも背中ニキビが改善されないようであれば、シャンプー剤を変えてみましょう。

無添加で刺激が少なく、肌に優しい成分のものに変えてみましょう。

このようにシャンプー剤に注意は必要ですが、その他に、ボディシャンプーにも同じく気を付けないといけません。

体を洗うのに背中の肌に合っていない場合もあると思います。

そして、寝ている時に汗で背中が蒸れたり、運動後に汗をかいても、そのままにして不衛生の状態はニキビ発生の要因を作ることになります。

スキンケアとしては顔のニキビと同じように、お風呂上りに、しっかりと潤いを与えて保湿することが大切です。

また、夜更かしを続けて慢性的な寝不足だったり、栄養バランスが偏った食事など、生活習慣の乱れからもニキビをできやすくしてしまうので、今までの生活習慣を見直して規則正しい生活を送るように努力しましょう。

このように思わぬものが原因となり、背中ニキビを作ってしまうことになりますので、体の肌に触れるものは慎重に選びましょう。

 

 

効率よく肥満改善する方法

 

肥満改善を図るためには、消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーを少なくすることが大切です。

摂取するエネルギー量の目安は性別や年齢、肥満度や合併症があるかどうか、運動や日常生活における身体活動量によって決まります。

標準体重につき1日25~30キロカロリーの範囲から設定するのが一般的です。

例えば身長が160cmのケースでは、1kgが25キロカロリーとして計算します。

すると1.6×1.6×22=56.3kgとなるので、56.3×25=1400kcalが1日分の摂取エネルギーの目安となります。

この目安の数値をオーバーすると肥満になりやすいので注意しなければいけません。

ただし摂取するエネルギーの量を制限しつつも、栄養はきちんと摂取する必要があります。

特に炭水化物を過度に制限してしまうと、神経系や脳へのエネルギー補給が滞ってしまい、血糖コントロールが乱れてしまいます。

すると低血糖となったり、蓄えられた脂肪がケトン体へと変化し、体調が悪化する恐れもあります。

主食と主菜と副菜をしっかりと摂取し、栄養が偏らない食事を心がけましょう。

パンやご飯などの主食は毎食必ず食べるようにしてください。

肥満改善のためにと過度な炭水化物制限を行うことで、逆に体の状態が悪くなり、太りやすくなる危険性もあるのです。

人間の体の20%ほどはタンパク質でできています。

そのためタンパク質も毎日摂取するべきと言えるでしょう。

良質なタンパク質は主に肉や卵、大豆製品や魚類に含まれています。

他にもミネラルやビタミンといった栄養素の摂取は肥満改善に欠かせません。

これらの栄養素は自らの力で作り出すことはできないので、食事で摂取しなくてはいけません。

脂肪の吸収を抑制する働きがある食物繊維も肥満を改善するに当たって重要な役割を発揮します。

便通も改善されるため、老廃物がスムーズに排出されるようになります。

効率的に肥満を改善するためには、食事制限を厳しくするのではなく、摂取エネルギーの目安を守り、きちんと栄養素を摂って規則正しい食生活を送ることが大切なのです。