健康的に痩せるには、まずは筋力トレーニング!

 

ダイエットを始めようと考えている人の多くは「食事量を減らさなければ痩せられない・・・」と思い込んでいるのではないでしょうか。

実際に、脂肪分や炭水化物を極端に減らし、さらに、朝食や昼食を抜くなど、無理な食事制限をして痩せようとしている人は大勢いらっしゃいます。

しかし、食事制限だけのダイエットを実践しても、ほとんどがリバウンドして失敗に終わり、最悪は体調を崩して病気にかかってしまうという恐れもあります。

このような危険なダイエットを避けて、健康的に痩せたいと思っている人は、基礎代謝量のことをしっかりと理解することが健康的なダイエットの成功につながります。

基礎代謝量とは、人間が生きて生活していくために最低限必要なエネルギー代謝のことで、寝ている時や横になって何もしないでじっとしている時でも、常に消費されています。

この都合のよいエネルギー代謝を高めることができれば、特に運動などしなくても、1日当たりの総消費エネルギーが増えて痩せやすい体になり、リバウンドの心配もなく、その後のダイエットもスムーズに行えるようになります。

では、この基礎代謝量はどうすれば高めることができるのでしょうか?

体の中で、この基礎代謝量が最も多く消費される器官は筋肉です。

そして、筋肉量と基礎代謝量は正比例関係にありますので、筋力トレーニングなどの無酸素運動で鍛えて筋肉量をアップすれば基礎代謝量も高まるというわけです。

痩せるためには、消費量が摂取量を上回る赤字の収支を作らなければなりません。

ですが、食事制限して摂取量を減らしても、なかなか痩せられないし、そもそも人の体はそんなに単純ではありません。

しかし、多くの人が、ダイエット=食事制限、という思い込みが強く、正しいダイエットが行われていないという現実です。

完全に食べ過ぎの食生活が原因で太ってしまった人は、正常な食事量に戻してしっかりと食事コントロールしなければなりませんが、健康的に、しかも、確実に痩せるためには、まず最初にやるべきことは筋肉量を増やすことです。

さっそく、筋力トレーニングを始めましょう!

 

 

ウソやまやかしのダイエット法に騙されないように!

 

巷では、テレビ番組や雑誌の特集記事などでさまざまなダイエット法が紹介され、エクササイズグッズやサプリメント、低炭水化物ダイエット、朝バナナダイエット、トマトダイエット、酵素ドリンクなど、次から次へと新しいダイエット関連商品が登場しています。

それだけダイエットに関心を持ち、スレンダーになって美しいスタイルを手に入れたいと願い、これから始めようと考えている人が、実に多いということですが、これらのダイエットを実践して、やり始めた時はそれなりの効果を実感できても、結局は短期間で元の体重に戻るというリバウンドで失敗に終わる人が少なくないという現実です。

ですから、これだけダイエット産業界が潤っているわけで、本当に効果のあるダイエット法ばかりなら、こんなにも多くのダイエット法が存在することはありません。

どうしても痩せたいと願う人は、藁にもすがる思いで絶対に痩せられるというダイエット法を探し求めますが、同時に、できるだけ短期間で楽に痩せられるという魔法のようなダイエット法を求めている人も多くいらっしゃいます。

そこに付け込んで「○○するだけで、あっという間に痩せる・・・」「○○を食べるだけで1週間で最低5キロは痩せる・・・」などと、甘いフレーズを並べてウソやまやかしのダイエットを販売しようとする業者が実際に多く存在しています。

そもそも、バナナやリンゴなどの単品だけを食べ続けて痩せられるほどダイエットは単純ではないし、それだけ食べていればよいという万能食品や、これを服用すれば痩せられるというサプリメントなどは存在しません。

冷静になって、よく考えてみればウソやまやかしの間違ったダイエット法ということが分かると思いますが、直ぐに痩せたいという気持ちが強過ぎると、なかなか冷静な判断ができなくなって、つい、ウソやまやかしのダイエット法に騙されてしまうようです。

また、炭水化物を控えたり、断食するような無理な食事制限だけのダイエット法も、結局は失敗に終わることになってしまいます。

確かに、食べ過ぎの食スタイルを続けて太ってしまった人は、まずは正常な食事量に戻すために食事制限しなければなりませんが、そこから先は運動で消費量を高めることが必要です。

基礎代謝量を高めるために筋力トレーニングなどの無酸素運動と体脂肪を燃焼する効果のあるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を併行して行い、そして、毎日、栄養バランスのよい食事を適正な量だけ規則正しく摂取するように食事管理することが健康的で確実に痩せるダイエット法になります。

現在は、この無酸素運動、有酸素運動、食事管理の3本を柱に行うことが最も効果的な手法とされています。

しかし、短期間で痩せようと無理して運動することは絶対に避けましょう。

3ヶ月に2キロくらい落とすペースがちょうどいいかと思います。

 

 

 

効率よく肥満改善する方法

 

肥満改善を図るためには、消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーを少なくすることが大切です。

摂取するエネルギー量の目安は性別や年齢、肥満度や合併症があるかどうか、運動や日常生活における身体活動量によって決まります。

標準体重につき1日25~30キロカロリーの範囲から設定するのが一般的です。

例えば身長が160cmのケースでは、1kgが25キロカロリーとして計算します。

すると1.6×1.6×22=56.3kgとなるので、56.3×25=1400kcalが1日分の摂取エネルギーの目安となります。

この目安の数値をオーバーすると肥満になりやすいので注意しなければいけません。

ただし摂取するエネルギーの量を制限しつつも、栄養はきちんと摂取する必要があります。

特に炭水化物を過度に制限してしまうと、神経系や脳へのエネルギー補給が滞ってしまい、血糖コントロールが乱れてしまいます。

すると低血糖となったり、蓄えられた脂肪がケトン体へと変化し、体調が悪化する恐れもあります。

主食と主菜と副菜をしっかりと摂取し、栄養が偏らない食事を心がけましょう。

パンやご飯などの主食は毎食必ず食べるようにしてください。

肥満改善のためにと過度な炭水化物制限を行うことで、逆に体の状態が悪くなり、太りやすくなる危険性もあるのです。

人間の体の20%ほどはタンパク質でできています。

そのためタンパク質も毎日摂取するべきと言えるでしょう。

良質なタンパク質は主に肉や卵、大豆製品や魚類に含まれています。

他にもミネラルやビタミンといった栄養素の摂取は肥満改善に欠かせません。

これらの栄養素は自らの力で作り出すことはできないので、食事で摂取しなくてはいけません。

脂肪の吸収を抑制する働きがある食物繊維も肥満を改善するに当たって重要な役割を発揮します。

便通も改善されるため、老廃物がスムーズに排出されるようになります。

効率的に肥満を改善するためには、食事制限を厳しくするのではなく、摂取エネルギーの目安を守り、きちんと栄養素を摂って規則正しい食生活を送ることが大切なのです。