不足するセラミドは美容液で補う!

 

肌の潤いを保つ保湿成分といえば、セラミドが一番に挙げられ、女性なら誰もが一度は耳にしていると思います。

そんなセラミドは、角質細胞間脂質と言われ、肌の表面に位置する表皮という部分のさらに表面になる角質層で作られます。

その角質層は、わずか0.02mmしかない薄い膜ですが、その中の一番下になる基底層で新しく生まれた細胞が約28日間かけてターンオーバーして角質細胞に変り、その細胞の中で、セラミドは熟成し、合成されて作られます。

そして、セラミドなどと一緒に角質細胞が強固な壁を構成し、角質層内の水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守り、さらに、外部からの異物や刺激の浸入を防ぐ働きをするバリヤ機能を形成しています。

しかし、老化や生活習慣の乱れから肌自身が作るセラミドの量は減少してしまいます。

セラミドが減ると、バリヤ機能が低下して角質層内の水分量が維持できなくなって乾燥肌になり、また、肌を外部刺激から守ることができずに敏感肌になったりと、さまざまな肌トラブルを招くことになります。

乾燥肌は、多くの女性が悩むニキビ、シワ、シミなどの原因でもありますので、美しくありたいと願う女性にとってセラミド不足は大きな問題になります。

そこで、不足しがちなセラミドは美容液でしっかりと補うことが必要になります。

一般的に美容液に配合されているセラミドには、いくつかの種類があります。

まず、天然成分から作られたセラミドは肌に浸透しやすく、バリヤ機能の働きも高く保てるのが特徴です。

ヒト型セラミドと表記されたものもありますが、これは、人の肌にあるセラミドと100%同じ割合で合成されたものでです。

しかし、化粧品原料としては比較的高価なものになるので、購入する時は、安価なものはしっかりと全成分表示をチェックし、類似品も多く出回っているので十分に注意して下さい。

ちなみに、価格は3000円以上を目安に選ぶことをオススメします。

サエル トライアルセット

そして、成分表示に、セラミド1、2、3のいずれかが入っていれば、ある程度の効果が期待できます。

また、保湿成分としてはセラミドの他に、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、スフィンゴ脂質など、さまざまあって特徴も違いますが、それぞれの特徴を理解して、自分の肌に合った成分を選ぶことが大切です。

 

 

 

ニキビを擦ると痕が残るので要注意!

 

ニキビはできてしまったら早めに治すことが大切です。

ニキビの痕が残るのは、肌の深い部分にダメージを与えてしまったからです。

クレーター状態になると大変ですから痕を残さないように、しっかりとしたニキビケアを行いましょう。

ニキビを擦ると痕が残ると言われていますが、炎症が起きてやがて化膿してしまうことを考えると刺激を与えないことは重要になります。

特に、洗顔の時は清潔感が大切とばかり、ゴシゴシと強く擦って洗ってしまいがちです。

また、その時に、つい、爪でニキビを傷つけてしまうこともよくありますので、十分に気を使い、ニキビに刺激を与えないように優しく、かつ丁寧に洗うことが大切です。

もちろん、正しい洗顔法で行うことが大前提になります。

ニキビができてしまった場所によってはうっかり触ってしまうこともあるでしょうが、できるだけ触れないように注意しましょう。

ニキビはいきなり化膿するわけでなく段階を踏んでいきます。

擦ることで痕が残るというのは赤く炎症を起こしてしまうからです。

また、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

鏡で自分の顔を見て、赤くポツンとできたニキビを見つけると、すごく気になって、つい、指でつぶしてしまう人もいらっしゃいますが、そのような行為は、悪化してなかなか消えない痕になって残る原因になってしまう可能性があるので注意して下さい。

普段からゴシゴシと強く擦るように洗顔している人は、まずは、正しい洗顔法を身に付けましょう。

洗顔フォームをしっかりと泡だてたら泡を転がすようにするだけで、毛穴の汚れは綺麗に落とすことができます。

また、1日の洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

逆に、1日に何回も洗顔して洗い過ぎの肌は、乾燥を招き、ニキビができやすい状態を作ることになります。

そして、ニキビ予防としては、毎日、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスのよい食事を摂り、ストレスを溜めないなど、規則正しい生活習慣を送ることが必要です。

 

 

背中ニキビを改善するにはシャンプー剤にも注意が必要!

誰でも一度は経験するニキビは、顔だけにできるものと思いがちですが、背中や胸、お尻など、体のあちこちにできてしまいます。

また、顔にできるニキビでお困りの人は大勢いらっしゃいますが、背中にできるニキビで悩んでいる人もとても多くいらっしゃいます。

背中に赤くポツポツとしたニキビができていると、海水浴に行った時の水着やパーティーなどで背中の開いたドレスを着ることをためらってしまうなど、とてもブルーな気分に落ち込んでしまうのではないでしょうか。

そんな背中ニキビができる原因はいろいろなことが考えられますが、その中の一つに、洗髪する時に使用するシャンプー剤が挙げられます。

毎日、入浴時の洗髪に使用するシャンプー剤が肌に合わなくて、背中にニキビができる可能性があります。

髪の毛を洗って流す時に、シャンプー剤の泡が体全体にかかり、その背中の洗い流しのシャンプー剤の成分が、刺激となっている場合がありますので注意が必要になります。

シャンプー剤は髪の毛や頭皮を洗浄するものですが、いろいろな成分が配合されているので、それらが背中ニキビをできやすくしている可能性があるというわけです。

胸にできるニキビもシャンプー剤の影響が強いかもしれません。

できれば洗髪した後に体を洗うようにすれば、背中にシャンプー剤が残らないようになります。

まずは、お風呂から上がった時には、しっかりと泡を流したかどうかを確認するようにしましょう。

それでも背中ニキビが改善されないようであれば、シャンプー剤を変えてみましょう。

無添加で刺激が少なく、肌に優しい成分のものに変えてみましょう。

このようにシャンプー剤に注意は必要ですが、その他に、ボディシャンプーにも同じく気を付けないといけません。

体を洗うのに背中の肌に合っていない場合もあると思います。

そして、寝ている時に汗で背中が蒸れたり、運動後に汗をかいても、そのままにして不衛生の状態はニキビ発生の要因を作ることになります。

スキンケアとしては顔のニキビと同じように、お風呂上りに、しっかりと潤いを与えて保湿することが大切です。

また、夜更かしを続けて慢性的な寝不足だったり、栄養バランスが偏った食事など、生活習慣の乱れからもニキビをできやすくしてしまうので、今までの生活習慣を見直して規則正しい生活を送るように努力しましょう。

このように思わぬものが原因となり、背中ニキビを作ってしまうことになりますので、体の肌に触れるものは慎重に選びましょう。