女性の薄毛は比較的改善しやすいですが・・・

 

歳とともに「頭頂部や分け目の肌が目立つようになってきた・・・」「髪が細くなり、抜け毛の量が増えてきた・・・」などと、髪で悩む人は増えてきますが、男性に限ったことではありません。

どうしても薄毛の悩みは男性特有のものと思われがちですが、多くの女性が髪の悩みを抱えています。

実際に、ある調査によると、日本国内で髪の悩みを抱える男性は1000万人以上、女性は約600万人もいると言われています。

しかし、女性にとって髪は「女の命」とまで言われ、また、女性としては「いつまでも若々しく、美しく、輝き続ける・・・」という永遠の願いがあり、何歳になってもお洒落を楽しみたいと思うので髪の悩みは重大な問題です。

女性が求める“美”とは、健康的なスタイルと美肌、そして、美の象徴とも言える“髪”というわけです。

ですが、一般的に、女性の薄毛は正しいヘアケアを施し、規則正しい生活習慣を送っていれば比較的治療しやすいと言われています。

男性の薄毛の場合は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症がほとんどで、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが毛母細胞の働きを抑えて髪の成長を止めてしまうことが原因で発症します。

この男性型脱毛症は、男性ホルモンが深く関わっているので遺伝的な要因が強く、なかなか治療は難しいとされています。

それに対して女性の薄毛は、更年期や出産による女性ホルモンの変動などが原因で起こる場合もありますが、一般的には、間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化、過度なダイエットによる栄養の偏り、睡眠不足、ストレスなどが要因として挙げられます。

ですが、逆に、栄養バランスの良い食事を摂り、十分な睡眠時間を確保し、ストレスを溜めないなど規則正しい生活習慣を送り、健康的な頭皮環境を保っていれば、遺伝的な要因が強い男性の薄毛より改善しやすいというわけです。

しかし、巷では、薄毛対策の情報が常にテレビや雑誌などで紹介されて溢れ返っており、また、これらの情報が正しいものなのか疑問なところも多くありますので注意が必要です。

特に、育毛剤、シャンプー、発毛サロンなどの広告に謳われている内容には、具体的にどんな効能があり、医学的に何が証明されているかということがまったく書かれていません。

薄毛が気になり始めたら、まずは、ネットや雑誌などから薄毛対策に関する情報収集を行うのではないでしょうか。

しかし、収集した情報が正しいものばかりなら何の問題もありませんが、その前に、髪が生えるメカニズムや脱毛症のタイプなど、自分自身で勉強することも必要です。

ある程度の知識があれば、ウソの情報に騙されて無駄なケアを施し、手遅れを防ぐことがで、そして、確実に薄毛を改善することができます。

 

 

 

 

ニキビを擦ると痕が残るので要注意!

 

ニキビはできてしまったら早めに治すことが大切です。

ニキビの痕が残るのは、肌の深い部分にダメージを与えてしまったからです。

クレーター状態になると大変ですから痕を残さないように、しっかりとしたニキビケアを行いましょう。

ニキビを擦ると痕が残ると言われていますが、炎症が起きてやがて化膿してしまうことを考えると刺激を与えないことは重要になります。

特に、洗顔の時は清潔感が大切とばかり、ゴシゴシと強く擦って洗ってしまいがちです。

また、その時に、つい、爪でニキビを傷つけてしまうこともよくありますので、十分に気を使い、ニキビに刺激を与えないように優しく、かつ丁寧に洗うことが大切です。

もちろん、正しい洗顔法で行うことが大前提になります。

ニキビができてしまった場所によってはうっかり触ってしまうこともあるでしょうが、できるだけ触れないように注意しましょう。

ニキビはいきなり化膿するわけでなく段階を踏んでいきます。

擦ることで痕が残るというのは赤く炎症を起こしてしまうからです。

また、少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

鏡で自分の顔を見て、赤くポツンとできたニキビを見つけると、すごく気になって、つい、指でつぶしてしまう人もいらっしゃいますが、そのような行為は、悪化してなかなか消えない痕になって残る原因になってしまう可能性があるので注意して下さい。

普段からゴシゴシと強く擦るように洗顔している人は、まずは、正しい洗顔法を身に付けましょう。

洗顔フォームをしっかりと泡だてたら泡を転がすようにするだけで、毛穴の汚れは綺麗に落とすことができます。

また、1日の洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

逆に、1日に何回も洗顔して洗い過ぎの肌は、乾燥を招き、ニキビができやすい状態を作ることになります。

そして、ニキビ予防としては、毎日、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスのよい食事を摂り、ストレスを溜めないなど、規則正しい生活習慣を送ることが必要です。

 

 

ウソやまやかしのダイエット法に騙されないように!

 

巷では、テレビ番組や雑誌の特集記事などでさまざまなダイエット法が紹介され、エクササイズグッズやサプリメント、低炭水化物ダイエット、朝バナナダイエット、トマトダイエット、酵素ドリンクなど、次から次へと新しいダイエット関連商品が登場しています。

それだけダイエットに関心を持ち、スレンダーになって美しいスタイルを手に入れたいと願い、これから始めようと考えている人が、実に多いということですが、これらのダイエットを実践して、やり始めた時はそれなりの効果を実感できても、結局は短期間で元の体重に戻るというリバウンドで失敗に終わる人が少なくないという現実です。

ですから、これだけダイエット産業界が潤っているわけで、本当に効果のあるダイエット法ばかりなら、こんなにも多くのダイエット法が存在することはありません。

どうしても痩せたいと願う人は、藁にもすがる思いで絶対に痩せられるというダイエット法を探し求めますが、同時に、できるだけ短期間で楽に痩せられるという魔法のようなダイエット法を求めている人も多くいらっしゃいます。

そこに付け込んで「○○するだけで、あっという間に痩せる・・・」「○○を食べるだけで1週間で最低5キロは痩せる・・・」などと、甘いフレーズを並べてウソやまやかしのダイエットを販売しようとする業者が実際に多く存在しています。

そもそも、バナナやリンゴなどの単品だけを食べ続けて痩せられるほどダイエットは単純ではないし、それだけ食べていればよいという万能食品や、これを服用すれば痩せられるというサプリメントなどは存在しません。

冷静になって、よく考えてみればウソやまやかしの間違ったダイエット法ということが分かると思いますが、直ぐに痩せたいという気持ちが強過ぎると、なかなか冷静な判断ができなくなって、つい、ウソやまやかしのダイエット法に騙されてしまうようです。

また、炭水化物を控えたり、断食するような無理な食事制限だけのダイエット法も、結局は失敗に終わることになってしまいます。

確かに、食べ過ぎの食スタイルを続けて太ってしまった人は、まずは正常な食事量に戻すために食事制限しなければなりませんが、そこから先は運動で消費量を高めることが必要です。

基礎代謝量を高めるために筋力トレーニングなどの無酸素運動と体脂肪を燃焼する効果のあるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を併行して行い、そして、毎日、栄養バランスのよい食事を適正な量だけ規則正しく摂取するように食事管理することが健康的で確実に痩せるダイエット法になります。

現在は、この無酸素運動、有酸素運動、食事管理の3本を柱に行うことが最も効果的な手法とされています。

しかし、短期間で痩せようと無理して運動することは絶対に避けましょう。

3ヶ月に2キロくらい落とすペースがちょうどいいかと思います。